記述の基体(がらくた)

【ブログ】日々の思ったことを徒然なるままに書いております。基本殴り書きで校正しておりません。【世界観】人は動物のように本能で現実に向き合っているのではなく、言語を通じてのシンボル体系としての世界、その世界の中の私(自我)という物語で現実にしがみついている。【取り組み】(1)現をよく存在させたい。そのためのよりよい社会や世界に向かう。(2)卓越した創作をしたい。そのためにはより多くのゲシュタルト(パターン・観念・概念)を獲得→世界でよく行動し、読書。【価値観】結局は「朋あり遠方より来たる、また楽しからずや」【プロフィール】東京出身のアラサーです。※著作権についてはオプトアウトに対応させていただいております。何かに共感された方はご連絡ください。 【コメント欄へのフィードバックお待ちしております。個人的な質問、反論、脅迫などはTwitterへお願いします。】

2007年11月


将来起業するにせよ就職するにせよ、企業について考える必要がある。

金融業界で最大規模の多くの投資銀行などの企業理念、ビジョンに違和感を覚える。

例を挙げてみる。

モルガン・スタンレーのビジョン:「人」「アイディア」「資本」をつなぐグローバル・ネットワークを駆使し、世界のお客様に「第一に選ばれる」総合金融サービス企業を目指す

ドイツ銀行グループは、世界をリードする金融機関として、現状に満足することなく常に挑戦を続け、お客さまに卓越した価値を提供しています。

などなど。

何かもう一歩踏み込んだ目標が欲しいには自分だけだろうか。
多くの企業で世界一の企業と称されることを目標にしているというが、
それは何の説得力もなく聞こえる。

テストで一番をとって満足したいというレベルの話であって企業が掲げるには
もう一歩抽象的な概念がいる。

例えば、投資銀行であったら、

企業の資金調達や財務、M&Aのアドバイスや流通市場の流動性を供給することにより、事業主体である企業がより付加価値を生み出すのを手伝い、また国家間の決済をこなすことでよりグローバルにサービスがいきとどろくことを手伝うことで、
社会にもたらせる付加価値をより加速することがわれわれの仕事なので、
業界内で一番を目指すことで、
社会への付加価値を加速させ多くのひとに喜びを感じて欲しい。

など。

商社の場合は分かりやすい

物産
大切な地球と、そこに住む人びとの夢溢れる未来作りに貢献します。

三菱商事は、常に公明正大で品格のある行動を信条に、豊かな社会の実現に貢献することを目指し、事業を展開しています。

最終的に何に貢献したいのかを書いているのでよい。しかしさらに自分の感情、プラス面までに関係を持たせれば良いが、そこまでやる必要はない。

このような企業使命がはっきりしていない企業は問題である。
世界一を目指すのならもし博打で莫大な利益を出して、
それで世界一になれたのならそれで目標が達成されることになるのだ。

人と人とを比べる尺度はない。脳内で考え、感情として現れる何かは数値に置き換えられない。もしかしたら体内で、外部からの情報が読み込まれ脳内で処理する際に分泌される液の量などで測ることもできるかも。

比べても所詮、動物であり欲の塊と片付けるのはマクロ的過ぎる。

前置きはこれぐらいにして、所謂、すごい人とはどういう人か。
考えた結果結論はこうだ。

人間力=すごさ= 共感、尊敬の深さ × それらを抱く人の数

である。

誰しも人に共感、尊敬の念を抱くだろう。
私の場合、DTの松本の笑いや思考に9の共感があるとしよう。
彼に対する強い共感が彼を認知する人の中で4としたなら、
彼の人間力は36になる。

ビルゲイツはどうか?
彼に深く共感、尊敬する人はもちろん多いが、日本人のほとんどは
世界一の富を築いた天才くらいにしか思っていなく、心底尊敬してる人は
少ないのではないか。もちろん彼の周りで彼をよく知る人ほど尊敬や共感の
度合いは深まる。
ゆえに彼のすごさは
3×50 + 9×300 =2850
松本の何十倍なのはまず認知されてる市場が大きいからだ。世界的に活躍する
ということの重みが分かる。

しかしコアに走って高い人間力を得るものもいる。
というか、これが松本やん。

そんな感じで、説明不足ですが、これ意外と成立していると思う。
自分が将来、人間力を高める際にどちらになりたいのか、両方なのか
計画を立てる際に役立つ。

ちなみにエリートのIバンカーはどうだろうか?
彼の周りからの尊敬度はかなり高いだろう。友達でいたら一目おくだろう。それだ。
しかしほんの何十人か百人の話で、市場の大きな芸人の下っ端にも下に位置するかもしれない。

まあ満足は人それぞれだけど、この式から導かれる数の高い人は、比例的に
自分の満足度も高いはずだろう。

もちろん、Iバンカーは金を持ち、プライベートも芸能人と比べてあるので、私生活の
充実が満足感をさらにあげるだろう。

その他にもいろいろな要素を考慮する必要があるのはいうまでもない。

このページのトップヘ