こちらに来て6週間で、こちらの生活にも慣れたが、こうして新しい環境で新しい人々の中で生活すると、
自分のこれまでの世界観の狭さを痛感する。前にも述べたが、自分が世界の本の一部の環境としか関わっていないが、多くの人間がさらに狭い環境でいきている。

現在一緒に住んでいるオーストラリア人夫婦は典型的な現地人だろう。今年末に新居を得るのを凄く楽しみにしている。普段一緒に生活していると自然と生きている感じがよく分かる。4時から6時くらいには仕事から帰って後はのんびりする。テレビゲームや映画を見たりインターネットをしたり。こういう生き方もいいと思う。多くの人がこうしてるのかもしれない。日本でも。日本でもこうして他の人の生活に密着したことがないから、やはりオレの世界は狭いといわざる終えない。

こちらで会う中国人やその他の国の人たちと接すると、国の違いで大きく価値観や行動が違うのだと感じる。移民など考えたこともなかった。

またオーストラリアは色々問題を抱えている。経済や財政は好調であるが、移民の問題や何かビジネスが弱い印象がある。こちらにいる移民や外国人は現地人とうまくやってるのか微妙である。たしかに敬意は払うが、一緒に遊ぶような感覚は少ない。オレもまだオージーとあまり関わっていないのでラグビー絡みや大学院が始まったら積極的にネットワークを広げよう。ビジネスに関しては、やはりオーストラリアを支えてるのは資源なのか革新的なビジネスが生まれる風土があるのかは分からない。多分シドニーいってみたほうがいいだろう。