こちらに来てもうすぐ4ヶ月。もう何の違和感もなく過ごしている。
常に8時間以上は寝ているレイジーな生活に危機感も感じている。
ラグビーやマネジメントの勉強など好きなことをさせてもらってありがたい。変にお金の心配や将来のことを心配したりしないで今を精一杯楽しもうと思う。如何せん寒いのがうざい。

オーストラリアでは外国人留学生の数が半端ない。大学院レベルでは8割以上ではないだろうか。
学部レベルでも多いらしい。ここキャンベラでは少ないほうらしく、シドニーなどでは外国人、特に中国人がドミネイトしているらしい。オーストラリアの大学は外国人なしでは経営できないだろう。

自分の友達も多くが中国人であるが、やはり文化的に日本とは大分違う。欧米的なフランクさがある。あつかましくもある。年の差をあまり気にしない。ちゃんとした敬語が存在しないからか。みんなフレンドリーだ。不平不満などをあからさまに表現するし、自制心は日本人ほどはない。ただ根はみな非常に親切でやさしい。あまりまわりに会わせないで自分の好きなようにやり、気をつかってやりたくないことを無理やったりしない。こうした印象を中国人に持っている。

オーストラリア人はラグビーを通じて会うのが今のところ一番多いので一般的な現地人がどんなのかは把握できてないが、みんなフレンドリーで、フランクさが好まれる。メイトシップが好まれる。

常に留学の目標を意識して毎日有意義に過ごそうと思う。