記述の基体(がらくた)

【ブログ】日々の思ったことを徒然なるままに書いております。基本殴り書きで校正しておりません。【世界観】人は動物のように本能で現実に向き合っているのではなく、言語を通じてのシンボル体系としての世界、その世界の中の私(自我)という物語で現実にしがみついている。【取り組み】(1)現をよく存在させたい。そのためのよりよい社会や世界に向かう。(2)卓越した創作をしたい。そのためにはより多くのゲシュタルト(パターン・観念・概念)を獲得→世界でよく行動し、読書。【価値観】結局は「朋あり遠方より来たる、また楽しからずや」【プロフィール】東京出身のアラサーです。※著作権についてはオプトアウトに対応させていただいております。何かに共感された方はご連絡ください。 【コメント欄へのフィードバックお待ちしております。個人的な質問、反論、脅迫などはTwitterへお願いします。】

2012年03月


■中国
日本企業3万社
1000万人が毎年受験 600万人が入学 
パイがでかいので天才が多い
3歳から数学オリンピック
共産党員 8000万人 周りも入れたら3億人が民主化反対
25% が中産階級 年70万~750万 年1%成長
GDP35%貿易 貿易黒字
民主化 間接的な選挙、独立した司法体系政治に左右されない、言論の自由
タブーは天安門事件だけ
触れられたくないもの 政治、歴史、宗教
経済、医療など政策についての議論はOK

■インド
日本企業700社
汚職半端ない。事務手続きは500ルピー。1000渡せばちゃんとお釣りがくる
インフラがやばい ラクダとか象が走ってる
19の公用語
5億人の英語話者 ニューヨーク訛りと言われる時代が
平均年齢25歳 日本45歳
GDPの10%が貿易で内需経済で成長している
巨人の星のクリケット版ライジングスターが始まる
国際会議うまくやるなら日本人をしゃべらせてインド人をだまらす
パキスタンを経由して中国と仲悪い 日本が中国と繋ぐべき
投稿者 YASU NAO 時刻: 1:00 0 件のコメント: 
100円のコーラを1000円で売る方法
ストーリーは分かりやすく面白いが新しい発見はなかった。木を見て森を見ずはだめで、視点を広くしろということ。

・製品志向ではなく、その商品からライフスタイルを変えたりトレンドを創る
・顧客満足度=顧客が感じた価値ー事前予測値
・バリュープロポジション=顧客が望んでいて、競合が提供できなく、自社ができること
・価格勝負できるのは市場リーダーだけ
・バリューセリング=価値を売る サービスなど目に見えないものも含む
・カスタマーマイオピア=顧客の要望をすべて受け入れること

まず今中国語を学ぶモチベーションは何なのか。いくつかある。まずは、中国語ペラペラな日本人の友達がかっこよく見えたことは大きい。自分は英語はできるので、それプラス中国語があれば漠然とアドバンテージになると考えている。

あと、中国とのビジネスは今後絶対に重要だということ。これまでアメリカとオーストラリアに留学した経験から、それらの経済の強さは知っているが、如何せん遠い。飛行機で10時間以上かかるのは相当堪える。行くのに躊躇する。その点、中国は近い。3時間くらいで北京や上海にいける。これは今後、日中間でさらに経済交流が深まる大きな利点だ。これから購買力を付けてくる、また世界での発言力が強まる中国と、仲良くするためにも中国語を学ぶ。

もう一点あるのは、勉強する際に多くの中国人の助けを受けることが容易な点だ。中国は日本より発展してない。物価も安いし、生活水準も低い。中国人は日本人をアジアの先進国のような目でみる。日本語を学びたい学生は多い。自然とランゲージパートナーなど見つかりやすい状況になる。日本人が欧米人などのランゲージパートナーを見つけるは少し難しいが、逆は簡単だろう。同じように中国語学習している日本人は完全に買い手市場なのだ。まあ今後は逆になるかもしれないけど。

最後に、文化が近いということ。食べ物がおいしい。見た目も似ている中国人にはやはり親近感を感じるし、文化も近いものを感じる。日本は中国から多くを学んでいるし、その本場を知ることは興味深い。

僕らの価値観の多くは子供のころに教えられたことや経験したことから作られている。誰でも簡単に読むことができる漫画は子供たちに多大な影響を与える。子供たちじゃなくても大人にも影響を与える。漫画は視覚から理解できるため内容が入りやすい。正直文字だけの読み物は分かっているようでわかっていなことが多い。漫画はかなり内容が入ってくるだけに記憶に残りやすいのだ

そんな漫画で自分を表現できたら最高だ。よくよく考えてみると、漫画家になって世間から話題になるには相当なオリジナリティがいる。面白い世界観がいるのだ。ゴルゴ13とか相当な教養がないとかけないだろう。ドラゴンボールとかハンターハンターとかもその発想力には脱帽だ。自分の中のよく分からないけど面白いと思ったものを一番うまく表現できるものが漫画なのではないか。自分も将来は漫画を描いて自分の価値観を表現したい。

↑このページのトップヘ