記述の基体(がらくた)

【ブログ】日々の思ったことを徒然なるままに書いております。基本殴り書きで校正しておりません。【世界観】人は動物のように本能で現実に向き合っているのではなく、言語を通じてのシンボル体系としての世界、その世界の中の私(自我)という物語で現実にしがみついている。【取り組み】(1)現をよく存在させたい。そのためのよりよい社会や世界に向かう。(2)卓越した創作をしたい。そのためにはより多くのゲシュタルト(パターン・観念・概念)を獲得→世界でよく行動し、読書。【価値観】結局は「朋あり遠方より来たる、また楽しからずや」【プロフィール】東京出身のアラサーです。※著作権についてはオプトアウトに対応させていただいております。何かに共感された方はご連絡ください。 【コメント欄へのフィードバックお待ちしております。個人的な質問、反論、脅迫などはTwitterへお願いします。】

カテゴリ: 面白いコンテンツを創るために

幸せは自分から

これは、ある池袋のキャバ嬢が僕に言ってきた台詞である。

今、考えるとなんと素晴らしい一言なのだろうか。

これに人生の全てが詰まっているといっても過言ではない。

yn

 ※キャバ嬢のイメージです。実際の人物とは関係ありません。


さて、
ちょっとまず最初に、教育について述べたい。
 
僕は教育とはいいものだと思っているがずっと違和感があった。なにかこう、「既に正しいと決まっていること」を押し付けるのが「教育」という言葉にはある。教えて育てるのだが、「教える」というのが偉そうだ。

僕らは、原始的な社会から始まった。狩猟採集。獲物が見つからなかったり、作物が育たなかったり見つからなければ死んでしまう。他の社会が攻めてきたら殺されるかもしれない。病気になったら死ぬ。こうした不安定な社会から時間をかけて今の社会ができた。そのことを忘れてはならない。そのこととはつまり、根本的に僕らは荒野を生きているということ。生きるために必死なことが前提なのだ。

さて、教育の話に戻ると、教育とはこうして複雑になった社会で生き延びるために人に施すものだと多くの人が思っているだろう。その通りだ。狩猟採集で必要なスキルが、今は教育で教えられているようなものになったのだ。

でも、問題は最初に言った通りその「教育」という言葉だ。これはどこかに社会側からの押しつけがある。現代はリベラルな時代だ。基本的には個人の自由が尊重され幸福を追求することが最大の土台となっている。だからこういう物言いは疎まれるのだ。

教育の必要性は認める。それは先に述べたとおり、僕らは荒野を生きているのだからそれなりに頑張って力をつけなければいけない。その一方で社会が高度化し、自由が尊ばれている。みんなは当たり前に自分の幸せを追求する。

そう、実はその過程に教育が必要なのである。教育はまさに今述べたように狩猟採集のスキルが置き換わったようなもの。それを身に着けないと社会に適合し、荒野を生きていけないのだ。ただ単に何もしなくて生きれる +αで教育があるのではない。自分を高めないとイノシシ程度に出くわしただけで死んでしまう。 

今の時代は誰でも幸せを求める。そしてそのためには自分を社会的に高める必要がある。そして、社会では社会なりに人生を楽しむ方法もある。それも学ぶ必要があるのだ。それが教育なのである。だから、それは全く受け身なものではない。

ここで冒頭のキャバ嬢の台詞に戻るが、結局、幸せは自分から掴むものなのである。原始社会を想像してほしい。酒池肉林するなら頑張らないとだめなのはすぐ分かる。獲物をいっぱい取って、なかまをマネージメントしたりいろいろ頑張ってはじめて酒池肉林できる。

今の時代でも根本は同じだ。幸せになるには自分から頑張らなければならない。そうして僕らは現実に適応しているのだ。教育は幸せのために必要だが、その語「教育」といわれると受け入れ難くなる。

今後これを「教育」ではなく、キャバ嬢風に言えば「幸せを掴む切符」とでも言えばいいのではないか?
 
shiawase
 

元電通の従業員であった「はあちゅう」がツイッターで呟いていた。電通の先輩からの役に立ったアドバイスとのこと。
「CMは偏差値40の人にも理解できるものじゃなきゃダメ。この会社にいる時点で普通ではないと自覚しろ。世間にはおそるべき量のおそるべきバカがいる。そしてそれが日本の『普通の人』だ」
電通にそんなに優秀なやつが行っている感はないが、たしかに地方のマイルドヤンキーに比べれば勉強や社交もできるエリートなのだろう。

さて、この指摘はたしかに理にかなっている。

一般的なエリートが、何か事業を起こして商品やサービスを作ったり、政府が施策を打つために想定する対象、それが大衆なわけだが、もし自分が本当にほしいと思うものを提供しようとすれば失敗する。例えば、自分の例で恐縮だが、僕は自分なりに最高だと思う外国語の語学方法を持っている。かなり知的好奇心をくすぐられ、日々成長も実感できるサービスとして提供できる。しかし、大衆はそんなものを求めていない。本気で語学したい、とも思っていない。(もちろんハイエンドなサービスとしてブルーオーシャンを狙うことはできる)

そこのあなた、一瞬そう思ってしまわないだろうか?

私も以前はそう思っていた。大衆が喜ぶようなレベルに合わせたサービスを作りたくないと。

でもやっぱり大衆受け=大ヒットするものって誰にとっても良いものであることが多い。人間の感性の真善美の本質を突いているのだろう。焼きそばもうまいし、プロ野球は超面白いし、村上春樹も東野圭吾も面白いし。Macは使いやすし。

結局、僕らはみんな同じ身体性をもった「人間」なんだ。

さいほど述べた語学法、たしかに効率はいいのだが実は自分でやってみるとやっぱり続けるのが難しい。そこに誰でも続けてしまうような大衆向けのプラスアルファが必要なのだ。

こう考えると、ちょっと飛躍するが結局はマスを狙っていくしかない=時代を加速させるしかないのだなあ、とも思ってしまう。

小さく流行らせてそこから長期的に人々に浸透させるやり方もあるだろうが傍流に過ぎない。それが主流にどれだけ影響を与えられるのか、なんとも言えない。
 ts

昨日、ドワンゴ川上会長の「コンテンツの秘密」という本を紹介したが、その中で鈴木敏夫の作品を評価する視点が紹介されていた。

作品を見るときにはないを見ればいいか、それはつくった人が何をやろうとしたのか、それを見ればいい。そしてそれがうまく行ったのかいかなかったのか。それだけだ。

これは深い洞察だ。ニーチェ的。ただ、もう少し掘り下げたい。

というのも、クリエイターは大体のおいて、自分が何を創作したいか明確にわかっていない。村上龍はインタビューで「この小説で何を伝えたかったか」と問われ「そんなこと言えたら小説書きませんよ」と述べていたが、作品とはそういうものだ。特にストーリーやキャラクターなどが複雑に絡むもの。

ただし、ハイデガー的にいえば、人間は必ず何かの「気分」が契機となり未来へ向けて行動する。それは奇想天外なストーリーで受け手をあっと驚かせたいのか、キャラクターの動きの主観的な面白さを見てほしいのか、自分のよく分からない生きることへの不安を感じ取ってほしいのか、などあまり具体的に明確には言語化できないがたしかに根底にはどのクリエイターにもその動機があるはずだ。

簡素であるが、至極的を得た評価の仕方である。



 

川上量生「コンテンツの秘密  ぼくがジブリで考えたこと」を読んだ。ドワンゴの会長である彼の作品は平易な言葉で書かれているので読みやすいが、その内容は結構深い。それに、実際にコンテンツ作りという分野で世界的に成功している宮﨑駿を中心に沢山のクリエイターの側で実際に仕事を見たり話したりして得られたものをまとめた形になっているので信頼性も高い。

では、結局、川上にとってコンテンツとは何だったのか。

以下、ほぼ引用で書きだしてみる。

  • コンテンツの定義:コンテンツとは現実の模倣=シュミレーション
  • コンテンツが進化するというのはよりリアルになりどんどん情報量が増えていくことでありコンテンツの発展の歴史とは情報量が増えていく過程と考えることもできる  現実世界を模倣したコンテンツをつくることを好む本能を持つことが、人類という種の生存に有利だったということ
  • コンテンツの本質とは、現実世界を特徴だけで単純化してコピーした脳のなかのイメージの再現である 
  • コンテンツが現実の模倣であるなら、客観的情報量を多くすればより現実に近づいていくはずだが、人間が認識している現実とは実は主観的情報で見た現実。だから客観的情報量を増やしても必ずしも主観的情報量は増えない。むしろ人間が現実を学ぶ教材として現実の代替を務めるのがコンテンツであると考えるなら、少ない客観的情報で多くの主観的情報を提供するのがコンテンツであるということになるのではないか        
  • オリジナリティとは何か?すべての創作物はクリエイターの過去の経験が元になっている。そして過去の経験とは人生経験だけでなくクリエイターが過去に摂取したコンテンツすべてを含む 

これだけだとわかりづらいか。

要は、脳内に澑められた対象の概念というのは主観的なもので、それを作品などに客観的な形にしたものがコンテンツ、ということ。似顔絵というのがわかりやすい。似顔絵というのはその人をよく知っている人、言い換えれば本質を知っている人がかくと、客観的にはあまり絵が一致しないが、見る人が見ると客観的な写真よりもしっくりくる。

ここで、「しっくりくる」というのが、だから何なのか。と思う。ただ主観的なリアリティが上がるとうことではないのか?(ちなみに本書では「しっくりくる」という表現ではない)


それは本書内では「なぜ再現(模倣)するのか」という疑問で答えが与えられている。
 

  • まず再現(模倣)することは子供の頃から人間にそなわった自然な傾向である。しかも人間はもっとも再現を好み再現によって最初にものを学ぶという点で他の動物と異なる 
  • コンテンツとは現実世界の模倣であり、人間は現実世界のシュミレーションとして最初にコンテンツから学ぶと指摘
  • 人間が成長していく過程で現実社会を学ぶための教材がコンテンツ 

やはり、そっけいない言い方になるが、「自己保存」のために世界を学ぶための「道具」としてコンテンツが位置づけられている。それを主観的に理解しやすい形で提供すればするほどよいコンテンツであることだという。

それは、世界をより深く認識し、自分が強くなることへの確信である。ニーチェのいう力への意思が満たされたとでもいえるだろう。

さらに川上は別の本で以下のようにも書いている。

「コンテンツの価値は、誰かの人生を変えられるかどうかで決められる」

と。これは、言い換えれば誰かの認識を大幅に変化(深める)させた、ということと等しい。

ヘーゲル的な世界観でいえば、認識が深まるのは成長でありより強い生だと言える。

本書の中身は非常に濃いが、もっと人類的な視点でまとめ直すと、誰かの人生を変えられるようなコンテンツになりうる。

時間があれば僕が取り組もう。


 

「使える時間」「見られる範囲」「日常との乖離 」、これは創作する際にたいせつなことだ。これでピント来る人もいるかもしれないが、それぞれ説明しよう。

もし、小説、漫画、絵画、論文、脚本などなんでもいいが創作をするのであれば、そのときの精神状態は非常に重要である。ただこれは創作に限らず、あらゆる作業や或いは読書などのインプットなどにも言えることだが、やはり創作時にもっとも核心的に重要になる。

まず、「使える時間」という観点。例えば、僕が「中国で感じた日本との違い」とかいうテーマで何か書こうとする。もしも、これが朝仕事に行く前、6時からの1時間であれば、常に尻の時間が気になってどうにかアイデアを捻り出そうと力みすぎてしまう。昼休みの1時間でも同じだ。

逆に金曜の夜で、23時くらいからじっくり取り組めて「最悪午前4時とか徹夜でもいい」というような状態で望むと、力みがなくなり冷静に思考を着実に進めることができるだろう。「使える時間」というのはそういうことだ。

さて、次は「見られる範囲」。これは公開する範囲。例えば、僕がブログで何かを書く場合、そこには不特定多数、さらに特定の僕が知っている読者が読むことを想定してしまう。明確に意識しなくても必ず影響がある。

そういう場合、かなり狂気的な発想や下ネタなどは読まれることを想定して書かないし、何なら自己をこう思われたい、というような発想で無意識に書いてしまうこともありうる。人によっては本当に自分のコンプレックスであったり、直視したくないようなこともあるだろう。実はそういうところが深くて創作に必要な部分でもある。夏目漱石だって、小説に自己評価として適当なキャラに自分を投射している。こういう風に何次元かずらして表現することで何とか自分とまっすぐ向き合えるのだ。

僕の場合、このブログは比較的知っている人に読まれる目的で書いているが、その他にも個人的にいくつか創作場所を持っている。ちなみに、ネット上に発表する場合、本音度は絶対に下がってしまう。できれば、コピペとかできず電子データで拡散の恐れのない、ノートとかに直筆で書くのがよいだろう。そのノートもさらに、絶対に人に発見される可能性がないことを確認しながら書くのがいい。過去の失態や自己の人格を築いた要素など恥ずかしかったり恐かったりする部分にも向き合える私的な表現空間を持つのがいい。

最後に、「日常との乖離 」である。これは、日々の日常のことがら、例えば仕事であるとか学校のこと、家族のこととか喫緊の課題と離れるということ。でないと、何かとそれらが頭のなかに割り込んできて創作の邪魔をする。基本的に、人間の意識内での想起は物理的な環境からくるので、家とか普段の日常と密接に関わる場所から離れれば離れるだけいい。ブラジルとか最高。

ということで、
「使える時間」「見られる範囲」「日常との乖離 」を確保したら、自分の記憶の軸をつくっているような本質に触れられるかもしれない。

↓スイスとかでゆっくり思索に耽りたい。金曜夜に、A4の紙につらつらと。

swiss
 

僕はシリコンバレー世代なので何か新しくワクワクするものや社会のためになることなど、新しい価値を生み出すことが善い、という無意識的に善悪の規準を持っていると思う。(という意識しちゃってるけど)

知識や体験により世界観は変わっているが、この根本的なシリコンバレー的な態度は大学に入ってから今に至るまで基本的に変わらない。大学時代からITのベンチャー企業で働いていたし、何か面白いものを創りたいという問題意識は常に持ち続けている。

僕がやりたいのは、面白いコンテンツを創るということ。要は「主観的な経験」或いは「ユーザーエクスペリエンス」が面白いものを創りたい。それがインターネットサービスなのか、映画なのか、漫画なのか小説なのか哲学なのかは問わない。でも、インターネットを使うと今までにないものは創りやすいだろうという考えはあった。

で、もっとコアなことをいうと、人間に快楽、幸福を与えたい。ワクワク感、面白い、というのでもいい。

そういう問題意識でずっと模索するため、心理学、生理学、哲学、社会学、物理学、生物学などいろんな領域の知識を取り入れてきた。要は、人間とは何か、ということが分からない限り僕がもとめるものは創れないのだ。いや、僕がどうこういうよりも、普通何か人間に関わる意思決定するなら(政府の政策でもなんでもいいが)必ず人とは何かの想定が必要である。それをどこまで深く考えるかと、その意思決定の効果は比例するだろう。

これは、ハイデガーが「存在」とは何かを探求するために人間とは何かを考察したのと同じである。僕もそこを徹底的に追求したい。人間とは何か。実存的な方向から主観的な生の構造を明らかにし、どういう風に生きることがよいのか、という問いに今は微妙に変わっている。

さて、では現時点で僕が考えている所謂「面白いコンテンツ」とはどういうものか。

「面白い」と人間が感じるためには二つのポイントがある。「分かりそうで分からないということ」と「真理を突いているもの」である。

まず一点目から。これは前にこのブログでも紹介したが、ドワンゴの川上会長の既述を補助線に説明しよう。以下、川上会長著「ルールを変える思考法」より。
(参考:コンテンツとは何か?良いコンテンツとは?
「人間は分かりそうで分からないことが気になって興味を持つという本能を進化の過程で獲得したんじゃないか、それがコンテンツに興味を持つ源泉じゃないかというのが、僕の仮説なのです。知っているもののような気がするけど、何かが違う。現実のようでちょっと現実じゃない。絵画や彫刻、映画、あるいは物語といったものに人間が惹かれるのも、そうした特性に惹かれてのことなんじゃないかと想像しています。

〜生存本能がそうさせているのです。わからないものをそのままにしておくのは危険なため、どこかで気にかけておく。そうなると、次に同じものに遭遇したときはこれはこの前と同じものだと判断できます。つまり分からないものをだんだん理解していくのです。

芸術や美術、あるいは宗教というものにしても、なんらかのパターンや理屈を見出すことはできても、完全に理解しきれない部分は残ります。人間はそういうものに惹かれる性質を持っている。逆に多くの人間が完全に理解できるものはコンテンツ性や芸術性を帯びてきません。」
いかがだろうか。

僕はもう少し違う視点で理解を深めたい。川上会長と同じく、僕も根本的には生存本能であると考えている。人は世界という環境、社会という環境でサバイブしているため、そこからいろんな概念を獲得し、それが多ければ多いほどいい。そうすれば世界をより正しく、深くシュミレーションでき自己保存に繋がる。

ただし、注意が必要なのは概念ということの定義だ。これは、無意識的に確信を持てるゲシュタルトでなくてはならない。空想で勝手に定義したような概念は、今はカウントしない。要は、これはこう解釈するはずだ!という信念ではダメ。
 
さて、それを踏まえてポイントの二つ目にいく。端的にいうと、「真理を突いているもの」であり、なんというか物理法則のような自然の法則に嘘をついていないこととでもいおうか。(ただし、自然の法則自体は我々は知らないのであるが。物理法則などそのうちのわずか一部だし正しいとは限らない)こちらは清水真木著「感情とは何か」を補助線にする。以下、本文から一部パラフレして引用。カッコ内は頁数。
 
芸術作品はこれを享受する者を何らかの意味において感動させる。つまり、私たちにとり受け入れ可能な何らかの感情を惹き起こす。もちろん、どのような者に対しどのような性質の感動を与えるのか、これは芸術作品により区々。(53)
 
芸術作品が惹き起こす感情には不思議な特徴がある。それは喚起される感情がそれ自体としては楽しいものであるのは限らないこと。でも私たちはこれを楽しいものとして積極的に引き受ける。〜ホラー映画は観るものに恐怖を惹き起こす。普通は恐怖を惹き起こす可能性のあることは回避するのになぜか。現実世界では決して体験したくないような感情、決して心に抱きたくないような感情でも、芸術作品の享受の場ではなぜか快楽として受け取られる。これが芸術作品が惹き起こす感情の不思議な点。(55)

 芸術の本質。アリストテレスの詩学で、芸術は模倣、ミーメーシスに他ならないという主張がある。ミーメーシスの産物としての芸術作品の享受がなぜ快楽を生み出すのか、について説明。人間の本性に属する2つ。まず、ミーメーシスの本能。この本能のおかげで人間は学習により知識をみにつけられるとアリストテレスは理解。もう一つは、模倣の結果として生み出される作品を眺める快楽。(56)

アリストテレスは、芸術作品が与える快楽が作品の中にオリジナルを見る快楽、つまり再認の快楽であり、再認の快楽が学ぶことの快楽であることを主張。これに従うと、芸術作品を享受するたびに私たちは何かを学んでいるのであり、この学ぶことが快楽の直接の原因である。(57)

アリストテレスの場合、ミーメーシスはオリジナルの単なる機械的な複製、再現、コピーではなく、これにはオリジナルに潜む本質を露呈させるという作用が認められている。なのでたんなる模倣とは違う。(58) 
 
アリストテレスに従うなら芸術作品というのは現実の単なるコピーではなく、私たちが現実の生活において出会う事柄の真相を普遍的な仕方で表現したものであり、世界に関する根源的な真理の表現として受け取らねばならない。根源的な真理が私たちに告げられるとき、これは、さしあたり感情として意識に姿を現します。(59)

アリストテレスにとり、芸術作品の享受の快楽は、「学ぶこと」の快楽にほかなりませんでした。ギリシア悲劇がミュトスの芸術であり、ミュトス(プロット)の厳格な構成の把握によってのみ作品の享受が可能になることを考慮するなら、カタルシスを「見通しをよくすること」と解釈する試みは、決して不自然はないばかりではなく、芸術の意味を「存在者の真理の作品化」、つまり根源的な真理の「非ー隠蔽性(ア・レーティア)に求めるハイデガー以降の芸術論の基本的傾向にも合致するように思われます。(63) 

私たちが芸術作品の享受において快楽を受け取るのは、芸術作品が事柄の真相の表現であり、世界に関する根源的な真理を告げるものであるからに他ならない。芸術作品の享受における快楽は、本質的に知的な快楽なのだ。そして、芸術作品が本質的に知的な快楽を与えるものであるとするなら、芸術作品が私たちの心に生み出す感情とは、真理の記号であり、感情が真理の記号であるからこそ、芸術作品の与える感情が快楽となると考えるのが自然であるように思われる。言い換えるなら芸術作品の享受において、根源的な真理は、感情として与えられると考えざるを得ない。感情が根源的な真理の表現であるからこそ、恐怖、憎しみ、悲しみのような否定的な感情、現実の生活では何としてでも逃れたいと誰もが願うような感情すら、芸術作品によって惹き起こされたものであるかぎりにおいて、むしろこれをすすんで引き受けることが可能になる。(70)


該当箇所が多いが、要は「芸術作品が真理を突いていると快楽に繋がる」ということ。その背後に、感情が「私」と世界の関係(真理)を教えてくれるという示唆もある。

さて、あえて二つのポイントを記したが、実は両方同じことに繋がる。二つ目は補足にすぎない。まず、必要条件として二つ目に示した「真理であること」がある、そして真理の中から新しいパターンや稀にしかみないようなパターンを見つけ出す体験により脳内にゲシュタルトができる。(=概念ができる)人間は身体がありそれは物理法則に従うので基本的に真理でないとゲシュタルトは形成されない。こうして自分を騙さず、無意識的に何かを理解させるもの、これが「面白いコンテンツ」である。

それって実はアハ体験だったりして。



 

↑このページのトップヘ