記述の基体(がらくた)

【ブログ】日々の思ったことを徒然なるままに書いております。基本殴り書きで校正しておりません。【世界観】人は動物のように本能で現実に向き合っているのではなく、言語を通じてのシンボル体系としての世界、その世界の中の私(自我)という物語で現実にしがみついている。【取り組み】(1)現をよく存在させたい。そのためのよりよい社会や世界に向かう。(2)卓越した創作をしたい。そのためにはより多くのゲシュタルト(パターン・観念・概念)を獲得→世界でよく行動し、読書。【価値観】結局は「朋あり遠方より来たる、また楽しからずや」【プロフィール】東京出身のアラサーです。※著作権についてはオプトアウトに対応させていただいております。何かに共感された方はご連絡ください。 【コメント欄へのフィードバックお待ちしております。個人的な質問、反論、脅迫などはTwitterへお願いします。】

カテゴリ: 松本人志

僕はこのブログで松本人志について何度か書いている。僕は別に理想の人物、この人になりたいなあ、この人を目標にしたい!と思うような人物はいないが、定期的に見てしまったり、惹きつけられて、その人について知りたいと思うような人、といえば松本人志である。ごっつええ感じ、ガキの使い、ビジュアルバムなどはほとんど観たし、繰り返し観ている。

暇なときはよくガキ使を観ているが、偶然観ていた「ガキの使い きき緑茶」の一コマ。(以下に動画あり)

17:50からの「ええの?」のくだり
18:50「思てたほど違うこともないなぁ」

のところを取り上げたい。

何というのだろうか、なんの打算もない純粋な面白さを追求している感じがこの2つの笑いによく出ている。他の芸人だとどこか「仕事として笑わせなくてはいけない」とか「あの人のこう思われたい」とか何かそういう小さな打算が見えてしまう。松本にはそれがなく、純粋に面白く楽しい笑いを作りだそうとしている。というか、作っちゃっている、という感じ。

もちろんこれはこれで面白さを追求するという打算なのだが、それがなんというか広くみんなを笑わせるため、という感じなのだ。だから松本の笑いはたまにブラックであったり人を傷つけるように見えるが、根っこが「みんなが笑えること」だから嫌味がなく受け入れられる。本当にお笑いが好きでお笑いのことばかり考えたプロフェッショナルである。

NHKのドキュメンタリーで松本は、プロフェッショナルとは「素人に圧倒的な力の違いを見せつけること」だと言っていたが、それは四六時中笑いのことしか考えてない松本の笑いに対する気迫が感じられる。松本の人生観に、笑いがなければ人生面白くない。笑いが人生を意味あるものにする、というような直観があるのかもしれない。


 

松本人志は面白い。僕は好きだ。ただ、彼は観客に結構いちゃもんをつける。そこがいまいち理解できなかった。

しかし、最近よく分かってきた。

やっぱり、お笑いとは松本が言うとおり「生き物」なのである。その意味は、その場の状況によって活かされるもの。みんなで作り上げるもの、といえる。

このブログでも書いた通り、僕らは物語を生きている。その物語に沿うことじゃないと何も意味がない。お笑いも同じ。元気ない人、敵意丸出しの人を笑わせるのは笑いではない。笑いとはみんなで楽しもうという活動ともいえる。みんなで「笑い」リズムを作って、「楽しいね」と確認し合う、それが松本のいうような「笑い」なのだろう。

 

ビデオニュース・ドットコムの「マル激トーク800回記念」のイベント@LOFT9渋谷で宮台真司のトークを初めて生で観たが、やっぱりライブだと色々感じるものがあった。実際の現場の空気という状況コンテクストの中で人を見るのはテレビや書籍を通じてコンテクストがカットされたものとは違った印象を受ける。
a

感想を一つに絞ると、宮台真司のような存在の”稀有さ”である。政治や社会について広い知見を持ち、ユーモアを交えつつ一般人を啓蒙しつつ草の根的に交流することのできる存在の大切さ、である。

少し話が逸れるが、
脳科学者の茂木健一郎がyoutubeの動画(以下の動画1:50あたり)で日本のお笑い芸人について批判していたのを思い出した。松本人志、明石家さんま、ビートたけしなどは、「政治的な風刺をする」というグローバルな定義の下ではコメディアンとはみなされない、そう主張している。この定義がどこまで正しいのかは不明だが、たしかに日本のお笑い芸人はその影響力と反比例して社会的、政治的なコミットが著しく低い。

茂木の「政治的な風刺をする」という定義は、要するに日本という社会、引いてはグローバルな社会、人類という視点で責任を引き受けているか、という趣旨であろう。この世に生まれ社会で育てられたのであれば、その成員としての自覚が必要。実際、欧米であれば影響力が増すにつれ社会的な責任も比例して増していく。日本の場合、仮に影響力を身につけても社会的な責任を負うための教養がない場合がほとんど。基本的な政治経済の知識や、社会がどのように回っているのかを経験的に知らないどころか知識的にも持ち合わせていない場合が多い。何億も稼ぐお笑い芸人や俳優、タレントでもこうした責任を果たす人は少ないし、それが社会的にも求められていないのが現状だ。

だからといって、即刻日本のお笑い芸人も政治的な風刺をしろ、というのはおかしい。僕ら日本人にはそういう風土がなかったのであり、しかもそれでいてうまく社会が回ってきたのだ。そうしたエートスが長い歴史をかけて築かれてきた。

しかし、日本はグローバル化に弱い立場で巻き込まれ、グローバルスタンダードに従わざるをえない状況になっている。そうなると、日本人のあり方を変えていかないと日本はグローバルな戦いの勝者の餌食となってしまうだろう。西洋的な思想や制度は取り込もうとしてきたが、一般的な国民レベルまでは全く浸透していない。なので、グローバル資本主義を日本も採用する以上、変えていかなくてはいけない。特に外国人労働者を受け入れより多様化するようなこれからにおいてはなおさら。

そういえば、僕も昔はダウンタウンやさまぁ〜ずなど好きでよく観ていたが、大学卒業後くらいからほとんど観なくなった。宮台もそうだが、比較的メディア(インターネット)に出ている知識人の話を聴くほうが面白いし、ときにはそっちのほうが笑える。youtubeには一昔前の小林秀雄、鶴見俊輔、三島由紀夫など聴くだけ価値あるコンテンツが沢山ある。もちろん彼らはお笑い芸人ではないが、社会の中で自分がどういう位置づけでどうやって社会をよくしようかを常に考え行動している。(もちろん、彼らの仕事でもあるのだが)そういう人の知的な風刺のほうがノリだけの芸よりも断然笑える。

一般のサラリーパーソンなどは目の前の仕事が手一杯で必然的に視野が狭くなるだろう。しかし、サラリーパーソンといえど、自分の企業の歴史や企業が属する産業や制度、さらに資本主義社会、世界に向けて人類的な視座で自分を位置づけることが望ましい。

視野の狭い一般人にとって、日本について、社会について、普段の生活について、こうした誰もが抱く問題について話し合いができる場は重要だ。そして、いろんな意見が出る中でそれらをうまく取捨選択し、まとめたり、道を示すファシリテーター、というか先生的な役割が不可欠。

今回のイベントでは質疑応答やインタラクションは少なかったが、宮台は、参議院選について、表現の自由について、都知事選について、子育てについてなど幅広い質問について適切に意見を述べ対応していた。いろんな発言を見ていると結構同じことをいっているが、あらゆることを網羅的に説明できる枠組みや知識を持っていることが分かる。そして何より、こういうアドリブ的な場で素を晒すことを厭わない態度。綜合的にいって、かっこいい大人、である。

こういう存在に憧れ勉強し、自己を磨いていく人が増えることは社会にとっての意義は絶大だ。技術の進歩などより多くの人が感染(ミメーシス)し、人類社会をよくしたいと思うことのほうが圧倒的に人類にとっての影響は大きい。日本にも沢山の所謂知識人は多いが、実際に大衆に向けて発信し交流している人はどれだけいるだろうか。冒頭で述べた通り、宮台真司は非常に稀有な存在である。個人的にこれからもウォッチしていきたい。(なお、ビデオニュース・ドットコムの創業者神保さんもそういう人の中の一人だ)

もちろん、スポーツ選手とか、アーティストとか、会社の上司とか、先輩とか身近なところで人に憧れ、ヘーゲル的に「ほんもの」を目指すことも良い。ただし、少なくとも自分も人類のある社会の成員であり、世界中で起きていることに全くの無関心ではいられない、ということは気に止めておくべきだ。普段こういう政治や社会に疎い人にこそ一度、ライブでこういう話を聴いてみてほしい。

日本のテレビでも、こういう人が人気になれば人びとのエートスが変わり、社会も良くなるだろう。


半年くらい前のことだったか、ハーバード大学が75年もかけて何十億円もかけて調査した結果、「人は多くの人間と良好な関係を持っているほど幸せ」という結論を導いた。それが日本でも報道されたようで、ダウンタウンの松本人志が「そんなもん分かっとるわ!」というつっこみを入れていたが、たしかにその通りである。そんくらいちょっと考えれば分かる。

では何故こんな研究したのか?これは私の推測であるが、この研究をリードしてやっていた人は、幸せにどうやったらなれるかを模索していたのだろう。もちろんこの結果のように人間関係がキーであることは仮定としてあったのだろうが、彼自身どの方向に努力をすれば幸せになれるかずっと確信を持ちたかったのだろう。確信を持たないと行動できないからだ。こうして長い年月をかけようやく結論が出たので、確信が現実的になり、彼は動き出せる。こうした抽象的な観念に対して確信を持つにはこうした徹底的な調査が必要なのである。普通多くの人は、物理的な体験で確信を得る。人に暖かくされて幸せを強く感じた経験を持ったなら、何十年も調査してやらなくても体得的に分かるもの。 自分がどのように生きるかを決めたとき、そこから幸せが訪れる。 

松本人志の放送室で松本と高須がこんな話をしていた。

バイトの初日、バイトの先輩たちが集まっているところに挨拶に行く。そこでは、みんなが仲良しアピールをしてくる。息ぴったりのコンビネーションとか見せつけてくる。

そのウザさに高須は、即効やめることを決めたという話。そして松本は、そういうとき逆の立場だったら自分は逆にいつもよりテンション下げるという。新しく入ってきた人に対してそんなみせつけしてもしょうがない。

この話しにとても共感する人は多いのではないか、僕は思わず笑ってしまった。自分も何度もこういうの見てきた。おれたちこんな仲良いよーというアピールはうざい以外の何物でもない。

さらに、もうひとつ似たようなうざさがある。

自分はどうしようもないアピールである。俺はろくでもないやつアピールである。ちゃらんぽらんアピール。僕なんて遊んでばっかりなんですよ〜、真面目ですね〜、みたいなノリ。

あれ、どうにかならなのかね。 その時点で、そいつの人間の小ささに萎えてしまう。 

タモリ司会のテレビ番組は小学生のくらいのころからよく見ていた。笑っていいともはもちろん、ジャングルテレビ、トリビア、ボキャブラ天国、タモリ倶楽部、世にも奇妙な物語、などタモリの印象は深いが、この本を読む前の段階でタモリにそこまで思い入れはなかった。ただ、タモリは普通の芸人とは何かが違うと感じていた。正直、タモリで爆笑したこと記憶にないのだが、ただ、趣があって「おもしろい」と感じたことや、番組に安定感を与えているとどこかで感じていた。タモリがいると番組が締まる感があるのだ。

「タモリ学 タモリにとってタモリとは何か? 」を読んで、タモリの深さを知った。タモリやっぱすげーな、やっぱり社会で実績ある人って普通では無いな、とベタな感想を持った自分だった。この本はカフェで読んだのだが、途中声に出して笑ってしまったし読んだ後、1時間くらい色々考えさせられた。かなり自分の思想に影響を与えた。

本書は、タモリにとっての「偽善」「エロス」「家族」「意味」「言葉」などについて考察しているが、いくつか私が深く考えさせれたがところを紹介する。今回はタモリにとって偽善とは、というところを紹介し私の感想を語ろう。結論からいうとタモリは偽善が大嫌い。

「団結」をテーマにした昨年の27時間テレビのラストの挨拶、タモリは唐突なことを言い出した。「団結、団結と言って団結したんですけど、その分国民から離れたかもしれません。」と切り出したのだ。地方局が大変な盛り上がりを見せているのを尻目に、「我々は団結しているかもしれないけど、国民とは離れていってるんじゃないの?」と番組テーマに冷水をかけた。

また、結婚披露宴などのセレモニーが嫌いのタモリはいいともディレクターと梅津弥英子アナの結婚式で暴走した。「新郎新婦共に同じ会社ということで、先ほどから流れるような司会、仲間内だけの笑いによる祝辞と、非常にスムーズな中にも、馴れ合った嫌な雰囲気の結婚式を堪能させていただいております。結婚式クソ食らえでございます。」と水を挿し、さらに友人代表の祝辞に突如タックルをして、羽交い締めにされ抑えられた。タモリにとって結婚披露宴は偽善の塊であり、さらにタモリが大嫌いな予定調和が蔓延り、さらに内輪受けが安易に許されてしまう空間であった。

また、梅津に子供ができたことを聞いた千野アナが「天使が舞い降りてきました」との発言に対してパンを投げつけ、さらに千野が「おめでとう、しあわせに」と口にするとタモリの暴挙は止まらなくなった。「こんな偽善的な女は見たことがない」と千野にタックル、またまた羽交い締めに。タモリは「ちゃんとしたこと」に嫌悪感があるようだ、自分で語っているらしい。

これには思わず笑ってしまい、爽快な気分になった。私もこういう偽善が大嫌いである。人間社会で生きていく上で、こういう偽善を人一倍やっていたこともある自分を思い出した。今でこそ偽善は最小限にしているが、タモリのように積極的に偽善に反対する行動は爽快である。実は自分も何度かこういう内輪盛り上がりに水を挿したことはあるが、ここまで大胆にはやったためしがない。心のなかで感じても行動は中々できないもんだ。

これを読んで松本人志を思い出した。松本はラジオで、バイト初日の内輪感のめんどくささと嫌な感じを語っていたことがある。どういうことかというと、バイト初日、仕事場にいくと、既に仕事慣れている先輩面したやつとか、すでに上下関係とかが出来上がっている内輪の従業員たちが、新しく来た松本に対して上から目線や、内輪の仲良しなノリを見せつけてくるのが、うっとしい、という話。松本は、もし自分が逆の立場だったら、たとえ普段内輪ではしゃいでいても新入りが来たらおとなしくしするし、内輪の仲良しアピールなどしないと語っていたのに強く共感した。

自分もこういう内輪の仲良しアピールを嫌悪している。内輪の外の人間はいい気がしない。一度、友達の商社マンの結婚式に参加したことがあるが、あの同期感の仲良しアピールは何なのか。殺意すら覚えたもんだ。いろんなとこから参加者がいるのに、一流企業将来安定、社会的地位最高、合コンモテまくりというステータスを共有している薄っぺらい繋がりだけで、その結束を担保して、結婚式で裸踊りして何がしたいのか。偽善であることに違和感を覚えないのか。それに対して笑っている参加者も本当のことを言えない被害者である。あの場をばっさり切り捨てるタモリ的存在が必要であった。自分もこういう偽善的なことを気づかないうちにやらないように気をつけたい。

一方、タモリは偽善を徹底すると別の楽しみがあるとも理解している。「人間関係をうまくやるには、偽善以外にはないんじゃないかって思っている」とも言う。ここについては、しっくりする説明がなかったのが残念だ。

ともかく、タモリ非常にいいね!

本音でやりたいことは何だろうか。社会が抱える問題を解決することか。何百億の資産を築くことか。女抱き放題の生活を送ることか。どれもピンと来ない。ピンとくることとなれば抽象的にならざる負えないが、人に何かワクワク感を与える存在だ。誤解されたくないのは、「いつも周りを楽しませる明るい人間」とかそういう意味ではない。むしろ暗くて内向的で人間の本性剥き出しのほうがいいくらいだ。
うまく説明できないが、この人が表に出てきたら何か新しくて面白いことが起きる、と感じさせる人間がいる。パッと思い浮かぶのは松本人志さんだ。彼がテレビに出ると何か驚かせてくれる、他の人とは違う何かを感じさせてくれるのだ。彼の世界観がオリジナル(彼もどこかで多くの人のアイデアなどは借用しているはずだが)であり、私はいつもワクワクする。こういう存在は人により違うだろうが松本さんは多くの人にそう思われているのではないか。もう少し違った視点で言えば、三島由紀夫、宮台真司、ホリエモンとか三木谷浩史も私は好きだ。何か社会情勢をバッサリ切り裂く発言や、大きな行動は私を惹きつける。こうした存在になりたいものだ。
ただし、心底ワクワクするような人物はいない。まだ見つかってないだけかもしれないが。そこで私は理想の人間を空想上で作り出している。その人間に一歩でも近づくことが私のやりたいことになるのではないか。仮に私にどんな才能があったとしても、その理想は変わらないだろう。この理想像は現実に存在していない。
まずはインターネットを使って日本発・初の世界的なサービスを創りだそう。その後に発言力と資金力を備えて自己表現していけばいい。インターネットの事業(インターネット上で画面の前の消費者にサービスを提供する事業)に拘っていたのは理由がある。最近それが明確になってきたので説明する。それは、面白い事業の可能性とリターンの大きさである。
まず、インターネットを使うと面白ろくて新しいことができる。物理的な場所を超えてリアルタイムで地球の裏側の人と無料でコミュニケーションができる。そして、地球の裏側の情報をいつでも閲覧することができる。日本の島根の中学生とブラジルのサンパウロの中年のおばさんが繋がることもありえる。
そしてもう一つはリターンの大きさだ。インターネット上でできるサービスは世界展開しやすい。もちろん言語を変えたり違う国や地域の慣習や文化にカルチャライズする必要もあるが、一度サービスができれば基本的に世界市場を目指せる。私は大きなリターンがあることしか真面目にやろうとしない。普通どの人も同じかもしれないが、私の場合大きなリターンとは社会的に国際的に大きなインパクトを与えることだ。それ故、正直、会社で末端の業務はしたくない。もしやることになれば結構適当にやって、残りの時間で読書したり、語学したり、気分転換したりするだろう。
こういう理由で、インターネットに「今は」拘っているようだ。とりえあず、自分の理想像の第一歩は世界で使われるサービスを作ることだ。まあ、といっても人間主観が最優先される訳で、のんびりライフが良ければそっちを選ぶ可能性もある。まだ60年は生きていけると思うから、ゆっくり取り組んでいきたい。

↑このページのトップヘ